社会福祉法人 磐田市社会福祉協議会

総務0538-37-4824
地域福祉・生活支援0538-37-9617

共同募金ありがとうメッセージ募金のつかいみち

令和元年度 助成報告

  • 赤い羽根共同募金:8団体70園・校
  • 歳末たすけあい募金:9団体

竜洋西保育園「座禅を体験しました」

竜洋西保育園 座禅の様子赤い羽根共同募金による助成金を利用して、年中・年長児が地域にある守増寺に出かけ、座禅を体験する機会を持つことができました。
住職のお話を聞いたり、座禅を体験したりする中で、心を落ち着かせて過ごすことの大切さを知ったり、普段気づかない音(風・鳥の鳴き声など)に気づいたりするなど、貴重な体験となりました。また、お寺にある木魚や太鼓などにも触れさせていただきました。
ありがとうございました。

 

 

青城こども園「地域のお年寄りと遊んで楽しかったよ!」

地域のお年寄りと地域のお年寄りにダンスを披露したり、肩叩きをしたりして触れ合いました。祖父母と暮らす子どもたちが少なくなっているため、最初は関わったことのないお年寄りに緊張したり、戸惑ったりする姿が見られました。しかし、触れ合い遊びをする中で、少しずつ親しみをもち、自ら関わろうとする姿が見られました。
赤い羽根共同募金による助成金を利用して、お年寄りのために折り紙のネックレスを作成しました。「遊んでくれてありがとう。元気でいてね。」と言って渡すと、お年寄りも子どもたちも笑顔いっぱいになりました。
地域の方との触れ合いを通して、子どもたちの優しい心が育まれました。
ありがとうございました。

 

東部小学校「車いすツインバスケットボール選手との交流会」

車いすツインバスケットボール選手との交流会赤い羽根共同募金による助成金を利用して、小学4年生に車いすツインバスケットボール選手と交流する機会をもつことができました。
車いすに乗って軽やかにバスケットボールを楽しむ選手の姿に、子どもたちからたくさんの歓声が上がりました。車いすに乗って生活する選手の様子や気持ちを教えていただいたり、子どもたちの素直な質問にも答えていただいたりしました。
交流後の振り返りカードに、「ルールを工夫すれば、障がいの有無に関わらず誰でもスポーツを楽しめることができると知った。」と書いた子がたくさんいました。少しの工夫でみんなが楽しめることを実感したたいへん良い授業になりました。
ありがとうございました。

 

豊浜小学校「福祉の心を育てることができました!」

障がいのある方と交流赤い羽根共同募金による助成金を利用して、障がいのある方と交流する機会を得ることができ、「ふくし」について深く学ぶことができました。
体の不自由な方々と直接会話する中で、「ふくし」という子どもたちにとって聞きなじみのない言葉が、自分たちに深く関わっていることを知ることができました。その後は学んだことを、付箋にまとめて全体で共有していき、さらに深い学びにつなげることができました。福祉は社会にいる全ての人の幸せにつながることを学び、心育てるよい機会となりました。ありがとうございました。

 

 

 

神明中学校「障がいを持つ方への理解が深まりました」

点字の学習の様子3年生131名を対象に、点字体験のワークショップを行いました。点字の学習をするとともに、視覚障害を持つ方が普段の生活の中でどのようなことに不便を感じているのかなど、理解が深まりました。
点字で簡単な文章を書いてみるなど、視覚障がいを持つ方とのコミュニケーションの取り方を学び、障がいを持つ方と偏見なく関わろうという気持ちを持つことができました。

 

 

 

 

磐田北高等学校「福祉について、他人のへのやさしさについて学びました」

袋井特別支援学校の生徒さんとの交流会助成金をいただき、本校1年生が福祉についての理解を深める機会を設けることができました。袋井特別支援学校の生徒さんとの交流会では、初対面の相手への気配りや優しさ、相手を認め協力して何かを成し遂げることを学びました。また、心の教育講演会では育児の大切さや子供の特性を学び、その後の幼稚園訪問で子育ての楽しさと大変さを体験することができました。事前に折り紙で作ったプレゼントで園児と打ち解け、自らの進路決定の一助になった生徒もいたようです。福祉科の生徒は社会福祉協議会主催の多世代交流に参加し、乳幼児から高齢者、障害者だけでなくそのご家族とも交流することができ、学校の授業や実習だけでは分からない様々なことを体験できました。様々な機会をいただき、1年生全員が大きく成長することができました。ありがとうございました。

 

静岡県西部地区里親会「楽しいクリスマス交流会」

クリスマスリースの写真今年はクリスマス会を盛り上げようと、デザートはチョコタワーを使用しました。子どもたちは歓声をあげてイチゴやマシュマロにチョコを付けていました。工作教室では、本格的なクリスマスリースを作りました。開催中にそれぞれが悩みや聞いてほしい事を、時には涙ぐんだり笑ったり、とめどもなく話していました。
昨今は、虐待問題が増加し、子どもたちを取り巻く環境はますます厳しくなっています。今回、皆さまの善意に支えられて楽しい交流会を開催できましたことを、この場をお借りして感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

 

 

磐田市手をつなぐ育成会「赤い羽根共同募金 ふれあいコンサート」

赤い羽根共同募金 ふれあいコンサート毎年、赤い羽根共同募金の助成をいただいて、ふれあいコンサートを行っています。
普段、コンサートに参加することが難しい障がいを持った会員・家族が本物の音楽に触れる機会を願ってバリアフリーコンサートを開催しています。今年はカラフルパレット、バイオリンの演奏、ENDLESS Jr.のダンス、車いすダンスを披露してもらいました。

子どもたちは一緒に歌ったり、踊ったり、体全体で嬉しさを表現していました。
本当に楽しいコンサートを開催させていただき、ありがとうございました。
心からお礼申し上げます。

この記事は役に立ちましたか?

アーカイブ

  • 社協会費・寄付について
  • 赤い羽根共同募金
  • iプラザ貸館について
Page top