社会福祉法人 磐田市社会福祉協議会

総務0538-37-4824
地域福祉・生活支援0538-37-9617

相談したい

成年後見制度とは

認知症、知的障がい、精神障がいなどの理由で判断能力が不十分な方が、その人らしく安心して生活できるように保護し、支援する制度です。「任意後見制度」と「法定後見制度」に分けられます。

任意後見制度 将来、自分自身の判断能力が低下した場合に備え、判断能力がしっかりとしている時に、後見人となってサポートしてくれる人を選び、その人と公正証書を作成して契約しておく制度です。
法定後見制度 判断能力が低下し、契約等の法律行為ができなくなるなど本人の生活に支障が出た場合に本人や親族などが家庭裁判所に申立てを行い利用できる制度です。
家庭裁判所は、本人の判断能力の程度に応じて、成年後見人等(補助人・保佐人・成年後見人)を選任し、選任された成年後見人等が、本人の利益を考えながら保護・支援を行います。

後見制度の詳細につきましては、裁判所ホームページ「後見ポータルサイト」をご覧ください。

法人後見人

磐田市社会福祉協議会では、家庭裁判所より法人として「法定後見制度」の成年後見人等に選任を受けて、判断能力が低下し、契約等の法律行為ができなくなった方の選択と決定の手伝いをしたり、必要な手続きを代行したり、本人の預貯金等の管理や支払いの代行を行っています。

市民後見人

弁護士等の資格がなくても、成年後見制度の知識に関して一定の研修を受けた人で市の推薦を受けて家庭裁判所に選任された人が、日常の金銭管理や定期的な見守りやケアチェックなどを行います。
磐田市社会福祉協議会では、市が養成した市民後見人候補者に法人後見支援員として登録してもらい、法人後見業務の一部支援を通じて実務経験を積んだ上で家庭裁判所から市民後見人の業務を受けられるようにサポートします。

この記事は役に立ちましたか?

  • 社協会費・寄付について
  • 赤い羽根共同募金
  • iプラザ貸館について
Page top