社会福祉法人 磐田市社会福祉協議会

総務0538-37-4824
地域福祉・生活支援0538-37-9617

社協とは

会費について

社協の地域福祉活動を支える財源は、地域の皆様に会員としてご協力いただく会費のほか、共同募金配分金、寄付金、市や県社協の補助金・委託金が中心となっています。そのうち会費は、社協が民間団体としての特性を発揮した事業を実施するための貴重な自主財源です。社協では、市内の全世帯に一般会員になっていただくことを目標とし自治会を通じて各世帯にご協力をお願いしております。

一般会費と賛助会費について

会費は、2種類あり自治会を通じて各世帯にご協力いただく「一般会費」と本会の趣旨に賛同する法人、企業、個人、団体からご協力いただく「賛助会費」があります。

一般会費 【1世帯】500円でお願いしています。
賛助会費 【1口】1,000円でお願いしています。

なお、賛助会費は税法上の寄附金となり、個人の場合は所得税法第78条第2項第3号に規定する「寄附金控除」に該当します。法人の場合は、特定公益増進法人の主たる目的である業務に関連する寄付金にあたり、法人税法第37条第3項及び第4項に規定する「寄附金の損金不算入」に該当します。

会費収入と事業について

社協会費の過去4年間の会費収入実績をお知らせいたします。会費納入に対するご理解・ご協力、誠にありがとうございます。

会費収入実績

区分 28年度 29年度 30年度 令和元年度
一般会費 21,791,815円 21,870,540円 21,696,592円 21,191,854円
賛助会費 2,871,500円 2,733,000円 2,741,096円 2,342,408円
合計 24,663,315円 24,603,540円 24,437,688円 23,534,262円

社協会費を活用した主な事業のご紹介

社協会費を活用した主な事業をご紹介します。(令和元年度)

地域福祉事業

安心・安全に暮らすことのできる地域づくりを目指し、身近な地域で支えあう地域住民の活動支援を行っています。

  • 福祉活動事業せいかつ応援倶楽部等

    買い物をしている写真
  • ふれあい広場事業5地区で開催するふれあい広場運営費

    夏祭りでふくぴーと踊る子どもたちの写真
  • 高齢者サロン事業高齢者サロン代表者連絡会等

    高齢者サロンの写真
  • 児童母子福祉事業子育てサロン支援、子育て支援員派遣等

    子育てサロンの写真

在宅福祉事業

福祉の援助を必要とする方に、在宅で生活しながら援助サービスを提供する事業です。

  • 障がい者サロン事業心に寄りそうサロン事業等

    サロン写真
  • 在宅療養機器貸与事業車いす、福祉車両貸出事業等

    福祉車両写真

ボランティアセンター事業

ボランティア活動をする団体や個人に対し、活動場所の提供や活動相談・支援を行う事業です。

  • ボランティア団体支援・講座 事業各種養成講座、保険料

    ボランティア団体支援・講座の写真
  • ボランティアセンター運営事業運営費

    ボランティアセンター運営事業

企画広報事業

社協事業を多くの人に知っていただき、広める事業です。

  • 広報公聴事業社協だより発行、ホームページ等

    社協だより写真
  • 社会福祉大会社会福祉功労者・団体表彰

    子どもたちの発表写真

寄付金

寄付金は、社協の事業を推進する上で大きな支えとなっています。金額の多少を問わず、年間通じて受入れしています。

寄付金は、税法上の寄附金となり、個人の場合は所得税法第78条第2項第3号に規定する「寄附金控除」に該当し、法人の場合は、特定公益増進法人の主たる目的である業務に関連する寄附金に当たり、法人税法第37条第3項及び第4項に規定する「寄附金不算入」に該当します。

物品寄付

種類 使い道
食料
※賞味期限が3か月以上あり、常温保存できるもの。
※以下のものは受け入れ不可
・賞味期限が記載されていない食料品。
・料理酒、アルコールを含む飲料、食料品。
・健康食品
・介護用食品
・サプリメント等
生活にお困りの方へ、一時的な支援を目的に配布しています。
未使用切手、未使用ハガキ 社協事業で活用しています。
商品券、クオカード、図書カード、テレホンカード(未使用) 社協事業で活用しています。
車いす
※新品に限る
必要な方への貸出や、小・中学校等で行われる福祉教育で活用しています。

この記事は役に立ちましたか?

  • 社協会費・寄付について
  • 赤い羽根共同募金
  • iプラザ貸館について
Page top